HOMEコラム・レポート > 「ダイバーシティ」について

「ダイバーシティ」について

  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :トガくんの覚書


このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、この数年の間で様々に使用されるようになった、
「ダイバーシティ」について扱います。

【定義】
多様性。相違点。
(goo辞書)
多様な人材を積極的に活用しようという考え方。
(コトバンク)

【考察】
直訳すると「多様性」「幅広く性質の異なるものが存在すること」であり、
ビジネス組織としては、人種・国籍・年齢・性別・バックグラウンドや
価値観などにおいて、多様な人材を積極的に活用することを指します。

中には、ダイバーシティ=女性活用と捉えている人もいるようですが
もう少し広い概念で捉えていたほうが、齟齬はないかもしれません。

【結論】
海外では30年以上前から意識されてきたそうです。
日本では、ここ数年でしょうか。
女性活躍推進が謳われるようになり、また性的マイノリティについても
考える機会が増えてきていますので、自然の流れなのでしょう。

ダイバーシティをどう考えるか、
どう判断するかは企業や人によります。
しかしながら、少なくとも
「よく分かりません」と言える時代は終わったようです。

「当社では…」
「私自身は…」
といったことはきちんと発信できるように、
考えをもっておきたいものです。


組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

新任管理職・リーダー職向け
チーム・組織の『成功の循環』 を創造する
リーダーシップ セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2018/1/30(火)10:00-18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

リーダーは、組織にとって重要な役割です。リーダーシップとは、組織・チームの成果・パフォーマンスを発揮するための機会を創造し実践するための働きかけであり、そのための価値発揮は相応に力量を求められます。 本セミナーは、チーム、組織として結果を出す責任を持つポジションの方々が、与えられた業務環境に対して、全体を見渡すスキル・手法を学び、その上でリーダーとしてどう行動すべきか、また、部下のパフォーマンスを上げるためにどう対応するかを考えていただくセミナーです。 セミナーを通し、最終的には自分が目標とするリーダー像を定めます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

1年目社員(2017卒)向け
フォローワークショップ

:2018年3月9日(金)  13:30~17:30
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

本ワークショップを通じて、組織へのより良い貢献を考えて行動し、
成長へ向けて前向きに取り組める2年目社員へのスタートダッシュを切りませんか?

"「ダイバーシティ」について"に関連するサービス

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

HOMEコラム・レポート > 「ダイバーシティ」について