HOMEコラム・レポート > 「ダイバーシティ」について

「ダイバーシティ」について

  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :トガくんの覚書


このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、この数年の間で様々に使用されるようになった、
「ダイバーシティ」について扱います。

【定義】
多様性。相違点。
(goo辞書)
多様な人材を積極的に活用しようという考え方。
(コトバンク)

【考察】
直訳すると「多様性」「幅広く性質の異なるものが存在すること」であり、
ビジネス組織としては、人種・国籍・年齢・性別・バックグラウンドや
価値観などにおいて、多様な人材を積極的に活用することを指します。

中には、ダイバーシティ=女性活用と捉えている人もいるようですが
もう少し広い概念で捉えていたほうが、齟齬はないかもしれません。

【結論】
海外では30年以上前から意識されてきたそうです。
日本では、ここ数年でしょうか。
女性活躍推進が謳われるようになり、また性的マイノリティについても
考える機会が増えてきていますので、自然の流れなのでしょう。

ダイバーシティをどう考えるか、
どう判断するかは企業や人によります。
しかしながら、少なくとも
「よく分かりません」と言える時代は終わったようです。

「当社では…」
「私自身は…」
といったことはきちんと発信できるように、
考えをもっておきたいものです。


組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

3年目社員フォロー研修

渋谷:(1日目)2019年 8月 30 日(金)9:00~18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • 組織開発支援

入社3年目ともなれば、仕事や会社に対する理解も深まり、自分ひとりでも仕事の大部分を進めていける程の 知識やスキルも習得しているのではないでしょうか。 会社としても、さらなる成長や活躍を期待している年代のはず… その一方で、仕事に慣れ始めた入社3年目ともなると、新人の頃ならできたはずの基礎・基本が疎かになったり、 日々の忙しさや他社との比較から会社への不満が募り、顕在化してくる年代とも言えます。 多くの企業では、新入社員研修や管理職研修などの研修は実施している一方で、 社歴が浅い若手社員向けの研修を実施している企業は少ないのではないでしょうか。 入社3年目の若手社員にこそ、周囲に対してポジティブ・インパクトを与えていくために、 自分自身と、そして、会社と向き合う場を設けることが必要です。 当社の3年目社員フォロー研修を通して、3年目社員の方々に 「会社の未来を創るためのリーダーとして、第一歩を踏み出す」きっかけをお渡ししませんか。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年9月13日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

"「ダイバーシティ」について"に関連するサービス

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

HOMEコラム・レポート > 「ダイバーシティ」について