HOMEコラム・レポート > 「守破離」について

「守破離」について

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :トガくんの覚書


このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、OJTや研修で使用されることがある、
「守破離」について扱います。

【定義】

茶道や武道などの長期間の修行が求められるものにおいて
体得の段階を示した言葉。成長の段階。

「守」師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、
   心技を発展させる段階。

「離」一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

【考察】

ビジネス基礎研修などでは、
「今日の内容は、基礎であり、「守」にあたるところです」
といった使い方がされています。

しかしながら、ビジネスの世界における守破離には、
注意が必要なこともあるのではないでしょうか。

というのも、あまりに独自性の高い守破離が横行すれば、
業務の属人性が高まり、組織としての管理・発展の
足かせになる可能性があるからです。

守:いかにきちんと身に付けるか。
破:建設的、生産的に展開できるか。
離:再現的でかつ汎用的な状態で治められるか。

この観点も、一緒に教育したいものです。

【結論】

守破離は新人研修でも、よく使用されています。

ビジネスに関する基本内容が「守」に該当しており、
その大切さを理解させやすいからでしょう。

やはり、何事も「基本=守」は大切ですよね。

自分の中で「破離」と発展している業務でも
「守」の部分が崩れていないか、足りているか、
時に確認をすることができるとよいですね。


ビジネススキルの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

チームビルディング・ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分以内):2020/1/21(火)9:00~18:00
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション
  • リーダー

みなさんは、高い成果を出すチームにいるメンバーは、どんな様子でどんな表情をしていると思いますか。 本セミナーでは、より高い成果を出すチームとなるための法則とコミュニケーションスキルを学びます。 チームの誰もが、チーム目標を自分ごととして捉え、責任を持ち、意見を発信し、その意見を基によりよい案を創り出していく。今のチームが、成果を出すチームとなっていくための考え方を実践的に学んでいただきます。

システムシンキングをつかった問題解決研修 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2020年2月14日(金)10:00~18:00
  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント

システムシンキングとは、大局の流れを読みながら、 “全体”を的確に捉え、本当の問題の所在を明らかにする思考スキル。 本セミナーでは、システムシンキングの考え方を学び、 実際に使って、実務の場で起こりうる様々な課題・問題に 対処できる力を養っていただきます。 現場で部下を引っ張るチームリーダーから、 組織の現状や課題を明らかにしたい経営者の方まで、 複雑性を増すVUCAワールドの現代を生き抜くうえで、より重要性を増す必須スキルです…!

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

【無料】「中堅社員の意思発信」を探求する ワークショップ 無料

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年12月17日(火)13:30~17:30
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

今後組織の中心となる中堅社員。貴社の中堅はしっかり意思の発信できていますか? 現場への影響度の高く、将来マネジメントを担う立場にある「中堅社員の成長」について、一緒に探求しませんか? 自組織活性化のヒントを見つけに、ぜひお気軽にご参加ください!

"「守破離」について"に関連するサービス

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

ロジカルシンキング・ダッシュ(ロジカルシンキング研修)

自分の頭で考える力を付けて仕事に活かしていく為に必要な『型』と『業務で活用するポイント』を学びます。 研修内のケーススタディでは、ストレスフルかつ多くの社会人が直面しがちなシチュエーション、ストーリーを仮想体験できるような題材を元にしています。

HOMEコラム・レポート > 「守破離」について