HOMEコラム・レポート > 人事として意欲の低い研修受講者への対応はどうする?

人事として意欲の低い研修受講者への対応はどうする?

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

【お悩み内容】

年次別のフォロー研修や昇格者研修などで定期的に集めていますが
階層別研修などにおいて、意欲の低い受講者への対応に悩んでいます。

当社は営業部門のスタッフ数が多く、
彼らはお客様の都合に合わせて仕事をしています。

拘束時間が長く、成果に直結しない研修を軽んじるメンバーも
少なからずいます。

本人だけの問題であればまだ良いのですが、
一生懸命やりたいメンバーに対して、
よからぬ影響を与えたり、ストレスを感じさせたりしていることが気掛かりです。

【ARTIENCEの考え】

研修への参加意欲を向上させるためには、事前の動機づけが不可欠です。
そのあたりは、どのようにされているでしょうか。

アプローチとしては大きく2つ。

1、上司からの動機づけ

研修を軽んじる受講者は、研修に対する上司の認識に
影響を受けている可能性があります。

受講意義、受講で学ぶべきもの、取り組み姿勢など
まず上司の認識をセットアップする必要があるかもしれません。
その上で、必ず参加前に動機づけを行うよう
働き掛けをしていきましょう。

2、本人への意識づけ

これは、人事部や研修会社から本人に直接行う動機づけです。

事前のアンケート等により、
何を学びたいのか?
どのような課題や問題があるのか?
他のメンバーと共有したいことは何か?
場に対して、自分はどのような貢献ができそうか?
など、意識を顕在化しておく方法です。

研修当日でもできることはありますが
事前にどの程度セットアップできているかが大事です。
少し手間はかかりますが、是非やってみてください。


HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】