HOMEコラム・レポート > マネジメント業務に興味がないようで…

マネジメント業務に興味がないようで…

  • マネジメント
  • 組織開発支援

【お悩み内容】
自分のスキル向上や、知識の獲得には一生懸命な一方、
マネジメント業務に興味を持ってくれず、困っています。

特に、昇格や役職付になることを嫌がるメンバーが多く
仮に役割を与えても、うまくできません。

入社してから5年くらいは、ずっとITスキルを駆使する業務内容なので
頭を切り替えるのに時間がかかるとは思うのですが…

【ARTIENCEの考え】
IT系の企業や、技術職の方において、よく聞かれる課題ですね。
専門性が高ければ高いほど、その傾向は強くなるようです。

また年々管理職になることに対して、ネガティブなイメージを持つ、
若手も増えてきているようです。

この課題には、中期的・長期的な対応が不可欠です。

早い段階から社員に意識づけをしていく、仕掛けや仕組みが必要でしょう。

若手のうちに中長期的にキャリアを見据えることも一つの方法ですが、
ただキャリア研修やフォロー研修を実施するだけでは
すぐに解消できるわけではありません。

そして、今後、管理職不足はどの企業でも起こり得ます。
優秀な人材は取り合いになるでしょう。

このような目の前の課題に飛びつくのではなく、
管理職の未来が素晴らしいものであるという認知を
持っていただくことが重要です。

管理職が、より情熱的に仕事をするため、
そして、会社の文化づくりにどのように貢献していくのか、
管理職の方々だけではなく、一般社員の方々も含めて、
一度、対話する場を設けてみるといいかもしれませんね。


HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】