HOMEコラム・レポート > 管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…

管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :人事部のお悩み相談


【お悩み内容】

当社は一昨年前から、本格的に新入社員採用をし始めたこともあり、
最近は外部研修を行うようになりました。

それ自体は良いと思うのですが、
研修を受講しているのは、主に新入社員と新任管理職のみです。

役員いわく、
「新人が育っていない、若手が自立できていないのが問題」
とのこと。

話が分かりにくいといって、ロジカルシンキング。
商談が下手だといって、プレゼンテーション。
残業が多いといって、タイムマネジメント。

これを否定するつもりはありません。
が、はっきり言って、管理職の方が、よほど課題が大きいと思います。

社員が育たないのは、現場で育てられないからです。
話し方や商談も、現場で教えられる上役はいません。
残業の発生に至っては、上司がよく分からない仕事を
思いつきのように投げてくることが一因です。

私としては、管理職と役員こそ研修を受講していただきたいです。

どうすれば、そういった判断を引き出せるでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

現場視点での課題認識をお持ちなんですね。素晴らしいと思います。

ただ、正直に申し上げると…
今の現状としては、役員や管理職の方々が、
「自分たちに課題があるから研修を受講しよう」
とは、なりにくいと思います。

そういった判断をするためには、自社や自分たちを
相対的に捉える能力が不可欠です。

そもそもその能力があれば、そもそも課題認識がそこまでは
ズレたりしないはずです。

では、どうすれば良いか?
今後の可能性は2つだと考えます。

1.OJTに活かすことを口実にする

研修内容を現場で活かせれば、費用対効果が上がります。
が、上司が内容を知らない、フィードバックできない状態では
新人・若手だとうまく活かし切れません。
つまり、費用対効果が低いわけです。

「うまく指導できるように」
という名目で、同じ研修から導入していく方法が良いと思います。

実際に受講すれば、気づけることも増えますし、
外部からの客観的な情報も得られます。

役員は難しいにしても、管理職までは通用しそうです。

2.認知する場を持つ

上司や現場に問題があるのであれば、研修の成果は出ないでしょう。
そうすると、何故だ?となるはずです。

この状態になると、別の方向へ発展しやすいので、待つのも一つです。

ですが、貴社の場合はここで放っておくと
「研修会社や講師が悪い」
「プログラムが悪い」
「研修は意味がない」
となりそうです。

人は自分が見えている世界のみで判断します。
そのため、自分たちが認知できていない世界を見せる必要があります。
方法論は、いくつかあります。

・ 現場へのアンケートを取る

・ 社内で対話をする場を設け、現場の声をを聞く

・ (あなたのチームで) 対話を図り、上長や経営陣に問題意識を持たせる

などなど。

なかなか難しい課題ですが、
こういったことへのチャレンジは、貴方を鍛え成長させます。

会社のため、現場のため、メンバーのため、
そして、ご自身のためにも頑張ってください。

あなたの行動が、現場に変革を与えていくと思います。

アーティエンスでは、現場のリーダーを強力にサポートするための
セミナーをご用意しています。
下記【関連するサービス】をご参照ください。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

"管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…"に関連するサービス

マネジメントオブファン(管理職研修)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダーオブファン(リーダー研修)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

HOMEコラム・レポート > 管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…