HOMEコラム・レポート > 管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…

管理職と役員にこそ、外部研修を受講してもらいたい…

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

【お悩み内容】

当社は一昨年前から、本格的に新入社員採用をし始めたこともあり、
最近は外部研修を行うようになりました。

それ自体は良いと思うのですが、
研修を受講しているのは、主に新入社員と新任管理職のみです。

役員いわく、
「新人が育っていない、若手が自立できていないのが問題」
とのこと。

話が分かりにくいといって、ロジカルシンキング。
商談が下手だといって、プレゼンテーション。
残業が多いといって、タイムマネジメント。

これを否定するつもりはありません。
が、はっきり言って、管理職の方が、よほど課題が大きいと思います。

社員が育たないのは、現場で育てられないからです。
話し方や商談も、現場で教えられる上役はいません。
残業の発生に至っては、上司がよく分からない仕事を
思いつきのように投げてくることが一因です。

私としては、管理職と役員こそ研修を受講していただきたいです。

どうすれば、そういった判断を引き出せるでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

現場視点での課題認識をお持ちなんですね。素晴らしいと思います。

ただ、正直に申し上げると…
今の現状としては、役員や管理職の方々が、
「自分たちに課題があるから研修を受講しよう」
とは、なりにくいと思います。

そういった判断をするためには、自社や自分たちを
相対的に捉える能力が不可欠です。

そもそもその能力があれば、そもそも課題認識がそこまでは
ズレたりしないはずです。

では、どうすれば良いか?
今後の可能性は2つだと考えます。

1.OJTに活かすことを口実にする

研修内容を現場で活かせれば、費用対効果が上がります。
が、上司が内容を知らない、フィードバックできない状態では
新人・若手だとうまく活かし切れません。
つまり、費用対効果が低いわけです。

「うまく指導できるように」
という名目で、同じ研修から導入していく方法が良いと思います。

実際に受講すれば、気づけることも増えますし、
外部からの客観的な情報も得られます。

役員は難しいにしても、管理職までは通用しそうです。

2.認知する場を持つ

上司や現場に問題があるのであれば、研修の成果は出ないでしょう。
そうすると、何故だ?となるはずです。

この状態になると、別の方向へ発展しやすいので、待つのも一つです。

ですが、貴社の場合はここで放っておくと
「研修会社や講師が悪い」
「プログラムが悪い」
「研修は意味がない」
となりそうです。

人は自分が見えている世界のみで判断します。
そのため、自分たちが認知できていない世界を見せる必要があります。
方法論は、いくつかあります。

・ 現場へのアンケートを取る

・ 社内で対話をする場を設け、現場の声をを聞く

・ (あなたのチームで) 対話を図り、上長や経営陣に問題意識を持たせる

などなど。

なかなか難しい課題ですが、
こういったことへのチャレンジは、貴方を鍛え成長させます。

会社のため、現場のため、メンバーのため、
そして、ご自身のためにも頑張ってください。

あなたの行動が、現場に変革を与えていくと思います。

アーティエンスでは、現場のリーダーを強力にサポートするための
セミナーをご用意しています。
下記【関連するサービス】をご参照ください。


HOMEコラム・レポート > 多くの役割と重い責任を抱えている管理職が組織変革を促すために必要な3つのポイント【オンライン/無料/参加特典あり】