HOMEコラム・レポート > 後輩がいない3年目社員の成長を促したい

後輩がいない3年目社員の成長を促したい

  • ビジネススキル
  • 育成・OJT

コラム :現場のお悩み相談


【お悩み内容】

三年目社員になる私の部下への育成に関する相談です。

当社は、毎年新卒採用をしておらず、
長い時では、10 年以上採用しない場合もあります。

三年目社員である私の部下が、社内で今一番若手の社員なのですが、
『自分が一番若手』という意識が強く、成長が伸び悩んでいる気がします。

後輩ができることで、先輩としてプライドや責任感が生まれ、成長できる、
と私は考えているのですが、来年も新卒採用の予定はありません。

三年目社員に対して、どのような育成指導を行っていけばよいでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

おっしゃる通り、後輩ができることで、
ご本人の成長が促進されることは多いです。

ただし、会社の人事戦略上、
しばらく新卒採用を控えるということであれば、
後輩ができることによる成長促進ではなく、
ご本人の意識を変えていく必要があります。

ARTIENCE としては、以下の3 つの観点で、
フォローしていただくのがよいのではないかと考えます。

一点目は、入社三年目が終了した時点の
『あるべき姿・ありたい姿』のすり合わせを行うことです。
会社で各階層の能力用件がない場合には、
会社の事業戦略等を踏まえた上で、面談等で、
期待を込めてお話しされるのはいかがでしょうか。
ポイントは、期待を込めることです。

二点目は、チャレンジングな仕事にアサインすることです。
チャレンジングな仕事を任せ、ストレッチをかけ、
乗り越えさせることで、成長体験を味わいます。
成功体験を味わい、さらなるやる気を促進させることで、
自分自身で次のステップに活かせる良いサイクルを創りたいですね。

三点目は、他社の同期とのコミュニケーションを持たせることです。
ここでの重要なポイントは、
良い刺激が与えられるコミュニティに行かせることです。
お忙しいとは思いますが、一日くらいの外部研修に
参加させることもよいのではないでしょうか。

『成長しろ!危機感を持て!』だけでは、成長にはなかなか繋がりません。
視野を広げることや、環境を変えることで、刺激を与えていくことが重要です。

三年目社員の方が、ご自身で成長していくための行動変化が
少しでも生まれることを願っております。


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

"後輩がいない3年目社員の成長を促したい"に関連するサービス

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

HOMEコラム・レポート > 後輩がいない3年目社員の成長を促したい