HOMEコラム・レポート > 「自責」について

「自責」について

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • 育成・OJT
  • リーダー

コラム :トガくんの覚書


このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、若手の育成時にキーワードとして扱われることが多い、
「自責」について扱います。

【定義】

自責:自分で自分の過ちをとがめること。
   また、自分に責任があると考えること(goo辞書)

他責:自分以外の人や状況に責任があるとして、
   とがめること(goo辞書)

【考察】

既にご存知の方も多いこの言葉。

敢えて扱ったのは、育成の場に持ち込む場合、
「自責」の定義を少し最適化したほうが良いと考えるためです。

研修やOJTで「自責」という言葉を使用する場合、
アーティエンスは、下記のように定義しています。

自責:望まない結果に対して
   「次はどうすればうまくいくだろう」
   「ここから何を学べるだろう」と
   自分を主体として、より良い行動を考える姿勢。

【結論】

昨今の若手社員の特性として、言葉の解釈が画一的で
それこそ言葉通りに受け取る傾向が見受けられます。

その言葉の背景を読み取ったり、文脈から様々にな意味を
想定することが苦手な方も多いのではないでしょうか。

自責という言葉は、非常に重要なものである一方で
意味合いが強いので、使う際には注意したいものです。


新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

秋の新入社員研修ー業務遂行力研修ー

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年 10 月 4 日(金)9:00~18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

仕事の優先度や重要度の理解、ホウレンソウ、問題再発防止等、プロとしての“仕事の取り組み方”を学びます。 秋に入社される新入社員の方はもちろん、ホウレンソウやタスク分解の仕方、「業務遂行力」に不安を持つ若手社員、既存社員の方々もご参加可能です。ぜひご検討ください。

秋の新入社員研修ー経営シミュレーション研修ー

@渋谷(渋谷駅より徒歩10分):2019年 10 月 3 日(木)9:00~18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

ビジネスゲームを通じて、売上創出の難しさコスト意識、目標達成するために必要となる数値の捉え方を習得します 秋に入社される新入社員の方はもちろん、コスト意識や会社経営にかかわる数値の捉え方に不安を持つ若手社員、既存社員の方々もご参加可能です。ぜひご検討ください。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

"「自責」について"に関連するサービス

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・リーダー研修・OJT研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための手法を学びます。

ビジネススタンス・スタンダード(ビジネススタンス研修)

『プロとしてお客様からお金をいただくための仕事の考え方』 をしっかりとお伝えします。

HOMEコラム・レポート > 「自責」について