HOMEコラム・レポート > 332 が表わすものは?

332 が表わすものは?

  • コミュニケーション
  • リーダー
  • その他

最近、本屋の減少は深刻な事態となっています。

332

この数字が、何を表しているのか考えてみてください。

実は、本屋のない市町村の数なのです。

本屋は、ここ15年ほど右肩下がりに店舗数が減っており、
現在では、本屋のない市町村は
全体の5分の1に上ると言われています。

何故、それほどまでに本屋は減ってしまったのでしょうか。

インターネット・コンビニエンスストアの普及、人口減少など、
原因として考えられることは様々です。

そうした状況のなか、本屋はどのように生き抜いていくのでしょう。

最近では趣向をこらし、差別化を図っている本屋が多く存在します。

・ビールが飲める本屋
・カフェと併設された本屋
・コンシェルジュのいる本屋

皆さんの中には、一度は訪れたことのある方もいらっしゃるかもしれません。

これからの時代、一層不確定で曖昧な時代になるといわれています。

この時代を生き抜くためには、ニーズを見極めながら
より一層尖っていくことが重要になるかもしれませんね。


HOMEコラム・レポート > 【オンライン/無料/参加特典あり】管理職起点で創る“成果に繋がる”心理的安全性