HOMEコラム・レポート > 受講生によって、現場での活用度に差が出てしまう…

受講生によって、現場での活用度に差が出てしまう…

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :人事部のお悩み相談


<人事のお悩み相談室>
サービス関連/人事部門一般職

【お悩み内容】

当社は若手社員の育成には力を入れており、
社内研修、社外研修ともによく受講させています。
そんな中、人事部として課題感を持っていることがあります。

それは、受講者によって、
「現場での活用度に差がある」ということ。
特に一般論や一般的なスキルを扱う、社外研修は顕著に差が出ます。

本人の課題感や業務環境にもよりますので、当然と言えば当然ですが、
まったく活用できない社員の上司からすると
「役立てられない研修に行かせても無駄なだけでは?」
という反応になってしまいます。

研修で学んだことを、受講者がより活かせるようになるためには
どうしたら良いのでしょうか?

【ARTIENCEの考え】

まず、ご参考までにご理解いただきたいのですが、
Off-JTで終日研修を受講した場合、そのままの内容で実務に活かせるのは
5~10%程度と言われています。
つまり、多くの学びは「そのままでは活かせない」状態なのです。

研修での学びを、存分に活かせている方は
「現場でどう活かすか?」を自力で考えらえる方、とも言えます。

では、自力で考えられない方についてはどうするか?
方法は2つあります。

まず確実な方法は、
1.活かし方を上司から指導する。
 つまりOJTとの連携ですが、活かし方そのものも指導していく方法です。
 活かし方は、人事から予め現場に情報提供しておくと効果的でしょう。

次に、ご本人にとってやりやすいであろう方法は、
2.自力で活かせている受講生の、アイディアや活動を共有する。
 これは研修内で実施しても良いですし、
後からメール等で共有する方法でも良いでしょう。

今後、外部の研修会社を利用される際は、
「受講生が現場で活かすには、どのような準備やフォローが必要か」
という視点で、予めご相談されることをします。

研修を含め、育成は未来への投資。
より意義のある場をご用意できるといいですね。


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

「論語と算盤」に学ぶ経営者のあり方を探求するワークショップ

@渋谷アーティエンスオフィス(渋谷駅より徒歩10分):2019年7月21日(日)10:00~18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「真の富は仁義道徳に基づかなければ、決して永続しない」 日本資本主義の父と言われ、『論語と算盤』の著者でもある 渋沢栄一の言葉です。 渋沢栄一は会社を経営するには人としての規範を守り、より利他的精神であることを説く「道徳」と、企業の繁栄と継続の基となる「利益」の両立が不可欠であり、どちらかが偏ってしまうと長期的な事業の継続は困難になると考えていました。 今回のワークショップでは、健全な会社経営を継続させるには、「道徳と算盤」が必要不可欠であるという考えのもと、健全経営を続けるための経営者としてのあり方を、講義と対話を通じて探求していただきます。参加者は対話を通じて、気づきと理解を深め、あなたならではの経営者としてのあり方、企業倫理と利益の両立について探求して頂きます。そして、経営者として、どのようなリーダーシップを発揮することで、素晴らしい会社経営が行えるかを問い続けます。

"受講生によって、現場での活用度に差が出てしまう…"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 受講生によって、現場での活用度に差が出てしまう…