HOME旬ワード・Topicsさ行 > 心的現実
しんてきげんじつ

心的現実

  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

「心的現実」とはその人にとっての心理的、体験的な現実を指します。対義語に、「客観的現実」という言葉があります。

人が感じ、信じ、思っていること、幻想は、現実的に起こっていない事柄でも心の中で起こったと判断がなされるならば心的現実になります。

例えば、錬金術や古代社会の偶像崇拝も、一種の心的現実から働きかけられた人々の行動になります。
Ex)
・錬金術 → 「金は特殊な施行によっても生み出せる」という心的現実
・偶像崇拝 → 「この像には神が宿っている」という心的現実

心的現実の重要な点は、それ自体が当人は勿論のこと、ときに社会へも大きく働きかけることです。
例えば、錬金術は結果として金を造り上げる事例は残せませんでしたが、科学の発展に大きく寄与しましたし、偶像崇拝はその土地の秩序形成に大きく貢献しました。

つまり、心的現実が客観的に見て正しいかどうか、ということは(後になってみると)それ程重要ではなく、それよりも、その心的現実が社会や世の中にどう影響されているのか、と言うことの方がより重要になるのです。

心的現実の概念は、S.フロイトが精神分析を創始する初期に明らかにしたものです。その後の精神分析の発達にとって重要な概念となりました。

有名な哲学者、ニーチェの言葉に「事実はない。解釈があるのみ」というのがあるね。
まさに心的現実のことだよね。

注目用語

"心的現実"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

新任管理職・リーダー職向け
チーム・組織の『成功の循環』 を創造する
リーダーシップ セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2017/10/26 (木) 10:00-18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

リーダーは、組織にとって重要な役割です。リーダーシップとは、組織・チームの成果・パフォーマンスを発揮するための機会を創造し実践するための働きかけであり、そのための価値発揮は相応に力量を求められます。 本セミナーは、チーム、組織として結果を出す責任を持つポジションの方々が、与えられた業務環境に対して、全体を見渡すスキル・手法を学び、その上でリーダーとしてどう行動すべきか、また、部下のパフォーマンスを上げるためにどう対応するかを考えていただくセミナーです。 セミナーを通し、最終的には自分が目標とするリーダー像を定めます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/08/22

[部下育成・OJTについて]

研修は、そもそも何のためにあるのでしょうか?──研修の目的について

    先日、とある研究機関で行われた「企業研修についてのワークショップ」という会合に参加してきました。     その会合では、「企業が研修を効果的かつ効率的に進めていく為にはどうすれば良いか」ということについて対話と議論を重ねていきました。──いわば、「研修を考える研修」といったところでしょ...