HOME旬ワード・Topicsか行 > 学習する組織
がくしゅうするそしき

学習する組織

  • マネジメント
  • 組織開発支援

マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院の組織学習センターの責任者である、ピーター・センゲ氏によって統合され、広められた組織論。元々はクリス・アージリス氏とドナルド・シェーン紙が最初に提唱されました。

システム思考を基盤とし、個人とチームが相互作用を及ぼしながら、変化を創り出す力を伸ばし続ける状態の組織のことです。
日本ではリクルートや、日産自動車などが実践していると言われています。

世の中のが流れが速く、複雑になる中で、個人個人が組織の目標を意識し、行動することが求められているよ(^^)
同時に、組織も、個人が組織の目標を意識し、行動したくなるような制度や環境を整えていかなければいけないね(^^)

注目用語

"学習する組織"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

組織開発支援の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“志望動機を聞いてはいけない。”     これからの「採用」の話をしよう      ― 就活アウトロー採用というあり方 ― 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):11月24日(金)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • 組織開発支援
  • その他

「雇う・雇われる」「採る・採られる」ではなく、 信頼と共感をベースにした新しい採用の在り方とは…?? 今回は、29歳までの大学既卒生と企業のマッチングを行っているキャリア解放区の納富講師をお招きし、これからの「採用」のあり方について、そしてそのあり方の一つの解、「就活アウトロー採用」についてお話して頂きます。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/08/22

[部下育成・OJTについて]

研修は、そもそも何のためにあるのでしょうか?──研修の目的について

    先日、とある研究機関で行われた「企業研修についてのワークショップ」という会合に参加してきました。     その会合では、「企業が研修を効果的かつ効率的に進めていく為にはどうすれば良いか」ということについて対話と議論を重ねていきました。──いわば、「研修を考える研修」といったところでしょ...