HOME旬ワード・Topicsら行 > レジリエンス
れじりえんす

レジリエンス

  • ビジネススキル
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

心理学用語で、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などを意味しています。

1970年代より研究が活発化、現在では逆境でも折れない心をいかに養うか、どう乗り越えるかなどをテーマに、研究が進んでいます。

「竹」はレジリエンスが高い植物として知られているんだ。
雪の重みや強風には、体を「くの字」に曲げて耐え抜き、簡単に折れることがないように節目を持っていて、しなやかに成長していくんだ!
僕たち人間も、竹のように、目まぐるしく変化する厳しい環境にも柔軟に対応できる心を身に付けたいね(^^)

注目用語

"レジリエンス"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

組織開発・組織変革

その他の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

企業の「成果」と「成長」を考え抜くマネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2017/9/26 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/08/22

[部下育成・OJTについて]

研修は、そもそも何のためにあるのでしょうか?──研修の目的について

    先日、とある研究機関で行われた「企業研修についてのワークショップ」という会合に参加してきました。     その会合では、「企業が研修を効果的かつ効率的に進めていく為にはどうすれば良いか」ということについて対話と議論を重ねていきました。──いわば、「研修を考える研修」といったところでしょ...