HOME旬ワード・Topicsか行 > キャリア教育
きゃりあきょういく

キャリア教育

  • 育成・OJT
  • マネジメント

社会人・職業人として自立するために必要なスキルやスタンス、意欲を形成・向上させるための教育のこと。特定の職業に必要な専門的なスキルを養成する教育のほか、幅広い範囲の職業に通用するスキル(語学やパソコン等)を修得させる教育、キャリア開発の手法を学ばせる教育も含まれます。
近年は、将来を担う若者に望ましい職業観や勤労観を身につけさせ、主体的に進路を選択できる能力を育むといった意味合いが強くなっています。学校教育の場では、このような解釈に基づきインターンシップ制度の実施や地域の人材を活用した職業体験などを推進し、キャリア教育と呼称しているケースが一般的です。

最近は、キャリアのカテゴリーについて高校や中学で学ばせる学校もあるんだって。難しいけど、こういったことを自分で考えて選択する必要性は、早くに感じられるといいよね。

注目用語

"キャリア教育"に関連するサービス

ビジネススキル研修

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

トレーナーオブファン(OJT研修)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

マネジメントオブファン(管理職研修)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダーオブファン(リーダー研修)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

その他の体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):8月31日(木)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

企業の「成果」と「成長」を考え抜くマネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2017/9/26 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/05/02

[部下育成・OJTについて]

今年の新入社員の傾向は──2017年卒新入社員研修(4月)を振り返って

    「本日の研修を受けて、自分自身の未熟な点を沢山知ることになり、強い挫折感と不安を感じています」         2017年4月の新入社員研修を実施した際に、とある受講生(以後「Aさん」とします)から、このような相談を受けました。    ...