HOME旬ワード・Topicsな行 > なぜなぜ分析
なぜなぜぶんせき

なぜなぜ分析

  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

問題のある結果や状態に対して、その発生原因をなぜ?で堀り下げることで、根本的な原因(真因)を見出す手法。

トヨタ自動車が社内で継承しており、品質管理・労働安全管理の手法として知られる「トヨタ生産方式」の中の一つです。
目安として5回掘り下げると真因に到達すると言われています。

別名「なぜなぜ5回」

寝坊をして遅刻をしてしまった、という事象に解決策を打つと「遅刻をしないように目覚ましを増やす」や「モーニングコールを依頼する」などとなりますが、なぜなぜ分析にで掘り下げていくと、以下のような真因が見えてきます。

現象「寝坊をして遅刻をしてしまった」
原因1「夜寝るのが遅かった」
原因2「仕事の持ちかえりが多く、なかなか仕事が終わらなかった」
原因3「明日までに作成すべき提案書を持ち越していた」
原因4「他の業務に追われて、作成を失念していた」
原因5「スケジュールに作成時間を組み込んでいなかった」

解決策:仕事が発生したら、その場でスケジュールを押さえ、退社前に発生したタスクがすべてスケジュールに反映されているかを見直す

実は僕、昨日寝坊してしまったんだ・・・・

なぜ寝坊してしまったのか・・・・最近仕事が夜遅くまであるから・・・・なぜ最近仕事が夜遅くまであるのか・・・・手戻りが多く発生して、時間をとられてしまうから…なぜ手戻りが多く発生するのか・・・・・・・・・・

注目用語

"なぜなぜ分析"に関連するサービス

ビジネススキル・スタンダード(ビジネススキル研修)

社会人として必須であるコミュニケーション、論理的思考、課題解決力といったビジネススキルを、実践を通して培います。研修で得た知識や気づきは、「振り返る(内省)」・「書く」・「(グループメンバーに)共有する」などを通して、深い学びと、「実践」及び「習慣化」に繋げていきます。

ロジカルシンキング・ダッシュ(ロジカルシンキング研修)

自分の頭で考える力を付けて仕事に活かしていく為に必要な『型』と『業務で活用するポイント』を学びます。 研修内のケーススタディでは、ストレスフルかつ多くの社会人が直面しがちなシチュエーション、ストーリーを仮想体験できるような題材を元にしています。

新入社員研修

アーティエンスが提供する、新入社員研修は、一日でも早く、想いを持って現場で活躍することを目的としています。依存から脱却し、自立・自律するために、社会人としての最低限必要な知識・スキルをただ学ぶだけではなく、新入社員の方々が自分自身で、“いかに現場で実践・活用”するのかを考えていただくことを、大切にしております。

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

◆次年度新人研修、若手研修ご検討の皆様◆新人・若手の論理的思考を鍛え、業務遂行力を上げる! ロジカルシンキング体験セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2017年11月10日(金) 14:00~18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

新しく入社した新人が 「何が言いたいのかわからない・・・!」 「だらだらと話してきて、いらいらする・・・!」ことはございませんか?? 実はそれ、 要点を整理し、筋道を立てて話す、社会人に必要な論理的思考の練習をしていないからなのです・・・

1年目社員(2017卒)向け
フォローワークショップ

:2017年3月9日(金)  13:30~17:30
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

本ワークショップを通じて、組織へのより良い貢献を考えて行動し、
成長へ向けて前向きに取り組める2年目社員へのスタートダッシュを切りませんか?

見逃してない!? 今注目のコラム・レポート

2017/08/08

[学びの探求]

組織・チームで掲げた「素晴らしい目標」には、
「阻害要因」が立ちはだかる?

    少し前になりますが、とある企業様の「今期の振り返りと来期に向けて」というテーマの話し合いの場に参加させていただきました。     話し合いは、各事業部・チームのリーダークラスの方々がひとりずつ、一年を振り返っての評価・感想を述べ、それから来期に向けての抱負や周囲へのリクエストをする──...

HOME旬ワード・Topics学びの探求 > なぜなぜ分析