HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネスマナー・スタンダード(ビジネスマナー研修)
当たり前のことが当たり前にできるようになるための、マナーを学びます

ビジネスマナー・スタンダード
(ビジネスマナー研修)

  • 新入社員
  • 若手社員

アーティエンスならではの特徴

『社会人として“なぜマナーが必要なのか”、そして “マナーの本質とは何なのか”』を充分に考え『内省』 していただく機会を用意し、ビジネスマナーが持つ 意義を深く納得していただくことを大切にしています。 『”会社のカオ”として社内やお客様に信頼されるマナー』 をあたり前にできるために、『マナーの必要性』を 伝えるための『確かな型』を何度も実践・経験させ、 しっかりと伝えていきます。

研修目的と目指す効果

研修目的

“会社のカオ” として、社内やお客様に信頼されるマナーの意識と型を学びます

目指す効果

  • マナーがなぜ必要なのかを理解できている
  • マナーは、あたり前にできていなければいけないことを知る
  • 一般的なマナーの型や、社会人として身に付けるべき一般常識を知り、
    実践できるようになる

学べるポイント

1 常識とは何か? 社会人としての常識を身につける必要性を学びます。また常識とは、自らが決めるものではなく、相手に合わせるものであることを学びます。 具体的には、身だしなみや言葉づかいなどを習います。
2 コミュニケーション
マナー
ビジネスパーソンとして求められるレベルの、意識と場面に応じた型を体得します。 個人が与える名刺交換・お客様対応・電話対応などの印象は、お客様にとって重要であり、責任をもって取り組むべきことである点を理解します。
3 ビジネス文書 マナー ビジネス文書の基本的な型を体得します。文字で伝える際の相手への配慮を学び、同時に文字だけで伝える難しさ・怖さを知ります。

お客様の声

人事ご担当者様

株式会社主婦と生活社様


『最低限のマナーやホウレンソウなどの仕事への取り組み方、考える力を学んで、現場に出た際の上司・先輩の負担を減らし、少しでも立ち上がりを早めたいと思っていました。新入社員が本配属されてから、現場からネガティブなコメントが出てこず、しっかりと戦力になっているようでとても助かっています。』

受講者様

社会人として、信用される、育ててもらうために、まずはマナーから意識して変えていくことが大切だということ。
当たり前のことが当たり前にできないと、周囲や会社に迷惑を掛けてしまうんだと思った
ちょっとした言葉遣いで人に与える印象は大きく変わるため、自分の発言がおかしくなってはないか、相手はどう思うかを考えた喋り方をしていたいと思いました。
自分が分かっていても、実際にワークショップになると日頃の言葉遣いが気づかないうちに出てしまったので、意識することが大切だと思いました。

研修詳細

推奨対象層 新入社員・若手社員
推奨人数 20名~(最大40名)
研修日数 8時間 ×1日
当日の流れ

イントロダクション

スタンス : 『気遣う心』を学ぶ

講義課題&課題1:常識とは何かを学ぼう!

  1. 挨拶、言葉遣い(ビジネス敬語)
  2. 会社での作法、身だしなみ

講義&課題 2:コミュニケーションマナーを学ぼう!

  1. 名刺交換
  2. お客様対応
  3. 電話対応

講義&課題 3: ビジネス文書を学ぼう!

  1. 社内(日報)
  2. 社外文書(メール)FAXの書き方
本日の振り返り/明日に向けて 自主トレーニング(議事録の作成、社内メール)

※研修内容はアップデートされる可能性があります

お見積り・お問い合わせ

まずはお問い合わせ下さい
お客様のニーズとご予算に合わせたプランを柔軟にご提案いたします。
アーティエンスへのご相談・お問い合わせ
[ 受付時間 ]平日 9:00~18:00
HOME 研修・サービス ビジネススキル研修 > ビジネスマナー・スタンダード(ビジネスマナー研修)