HOMEお客様の声 > 株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ様

株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ様

会社プロフィール

株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ様

1998年設立。 「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げ、Amebaをはじめとするインターネットメディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業を中心に、インターネット領域のクリエイティブ産業において絶え間ない成長・推進を遂げている。

提供サービス概要

サイバーエージェントグループのアドテクノロジー分野におけるサービス開発を行うエンジニアの横断組織、アドテクスタジオのリーダークラススタッフに対して【組織成長を促進するためのワークショップ】を提供。

担当者様の声

サービス導入で実現したかったこと

当時、「エンジニア(特にリーダー層)がもっと製品設計や戦略に関わるようにしていきたい」という意思があり、エンジニアだからこその新しい何かを生み出し、捉えていきたいのだが、そもそも「新しい何か」や「捉える」って具体的にはどういうことだろう?という議論をしていて、方法もゴールも見えていない状態でした。

そういった、リーダー研修のような通常の研修やワークで得られるものではない、まだ曖昧な「目指すべきなにか」を、明確にする為のヒントのようなものが得たいと思い、ご相談をしました。

アーティエンスを選んだ理由

いくつかの研修会社さんにお声がけさせていただいたのですが、(アーティエンスさんが)一番相談に乗ってくれましたね。「こういうのやりたい」と思っていたものにマッチした内容にしてくれました。

他の研修会社さんのところは、提案内容のカリキュラムがすでに決まっているものだったり、こちらから「こういう目的があるんですが」と言うと、「考えます」と言ったきり返ってこなかったりして(笑) マッチしなかったんでしょううね、きっと。

サービス導入の感想

浅岡さん:
特に良かったのは、「入ってきてもらえた」ということですね。課題の性質上、どうしても私たちの組織の現状であったり、今後の方針の理解が必要なのですが、その際にアーティエンスさんも当事者に近い形で参加いただけたので、私たちも遠慮することなく、意見を伝えることができました。

あと、議論のパートにおいて私たちの持っていない手法を提供いただき、これまで自分たちでやれなかった議論や雰囲気づくりが出来ました。お願いして良かったです。

三浦さん:
第三者視点の人がいる事の重要性を感じましたね。その人がいて、その人に説明をしなくてはいけことで、言語化されていない意識や思い込みに気付くことができました。また、議論して、記録を取り、振り返る、その流れを作ってくれて。「全体を回してくれる」安心感を持てました。

田中さん:
「ゴールと議論のバランス」について考えさせられました。最初は、議論時間が長くかかると、「押してるけど大丈夫かな」という気持ちになって、集中できなくなったり、発言が控えめになったり…「(自分たちは)議論にかける時間が長すぎるんじゃないかな」と思ったりしたのですが、最後まで僕たち自身がこれまで出来ていなかった議論だったり それに掛ける時間も自分たちに合わせて、待ってくれました。

結果、ゴールにも議論にも妥協せずに出来たと思っています。ひとつの方向だけに行かないようにファシリテーションしてくれました。

受講者様の声

研修を受ける前の状態

※研修時の風景#1


「広い視野を持とう」という意識はありましたが、正直目の前の仕事にいっぱいっぱいで、全体が見れていませんでしたね。

どうしても細かいところに目が行ってしまい、小さなところで最適化しようとしているというか、直近のプロダクトから意識が離れられられずに、その先の全体にまで意識が向いていませんでした。

研修中の感想

※研修時の風景#2
三浦さん:
全体で2日間、期間で言うと2ヶ月弱くらい…ですかね。期間が空いたので、定期的に振り返えられたらもっと有意義になったな、と思います。

浅岡さん:
確かに期間は空いたけれど、私はその間研修について考える時間も多かったです。
今まで組織で何をすべきなのか、日々の業務に追われて見失いがちだったところに向き合えて、組織の中で中核を担っていけるような意識も持ててきて… 研修以外の時間の中でも皆で話し合える時間を何回か持てたのも良かったですね。
あと、途中「ポジションチェンジ・ダイアログ」というものを行って、私たちが上司の立場になって意見を話し合うというワークがあったんですけど、その時に自分が思っていた以上に上司の考えていることを理解していないことに気付きました。
この気付きは、今も忘れることなく意識しています。そこが分かっていないとどんどんぶれていって、私だけでなくチームの意識もズレていくと思うので。

田中さん:
意外と、みんな働き方や考え方が違うなって分かりました。プロダクトごとで、見えている景色が全然違うなって。ワークの話し合いは、最初はさくさくいくと思っていたけれど、やっていくと、「結構みんな個性あるな、めんどくさいな」って思ったり(笑)
でも、そこまで話し合うのは初めてで、話せて良かった、チームでの話し合いもこれまでと比べて、感触が違うようになった。

あと感じたことは、「勝手に自分がわかっているつもり」でいると痛い思いをするということ。そこから、普段からも(みんな違う認識で動いているかもしれない)と思うようになり、ピリッとした緊張感も持てましたね。

二回目の研修が終わって、「人」と「プロダクト」という概念が皆の中でマージされたあたりから、皆の意識が同じようなところに寄ってきて、──こうやって近づいていくんだなって思いました。

研修後の状況

現時点では「すごい大きな変化」はないかもしれないけど、話し合いをまとめるようとする意識は高まったように感じますね。
皆がやかましくなったというか(笑)、どんな時でも遠慮しなくなりました。意識が変わったんでしょうね。なにかする時、変えていくんだなって気持ちが根底にあって。変な協調性はなくなりましたね。

今の方が良いと思います。「これ言ったらいいか悪いかどっだろう」っていう気を回す手間を持たずに、「とりあえず言っちゃおう」という感じで。気にかけすぎると結局ゴールには行かないですからね。
「とりあえず、意見を投げてみよう。あんまりプラスにならなくても投げてみよう」という風土になって。オープンというか、より健全な状態に近づけましたね。

────────────────
アーティエンス後記:
研修を終えて2週間後に、今回の受講者の皆さまより これから組織を発展していく上での「共有ビジョン」のメッセージを共有いただきました。非常にエネルギッシュで、かつ想いの込められた素敵な共有ビジョンでした。皆さまのこれからのご発展とご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
────────────────

お問い合わせはこちらから
HOMEお客様の声 > 株式会社サイバーエージェント アドテクスタジオ様