HOMEコラム・レポート > 受け身な受講態度が気になる

受け身な受講態度が気になる

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー

コラム :人事部のお悩み相談


<人事のお悩み相談室>
製造業/人事部門管理職

【お悩み内容】

研修をやっても、社員が受け身で、
積極性に欠けることが気になります。

業績の低迷から、しばらく研修を控えていましたが、
少し業績が回復してきたことに加え、
社員の成長速度や、社員間の意思疎通に課題感があるため、
研修を再開しました。

しかしながら、参加している社員の反応が悪いのです。
上層部からは
「研修はやっても無駄なのでは?」
という声が、再び上がってくるようになりました。

研修の場は、部署をまたいで取り組める数少ない場ですから、
私としては何とか続けたいと思っています。

できるだけ自分事として捉えてもらうため、
研修の場を利用して、今後の経営戦略を伝えたり、
社員間のコミュニケーションを促進するよう
取り組んでいるのですが…

【ARTIENCEの考え】

実施側と受講側に温度差があるようですね。
ご担当としてのジレンマが伝わります。

会社の声を代弁して企画をされていると思いますので、
「社員のために」というその思いは、とても素敵だと思います。

ただ一方で、短いご相談内容の中にも
様々な課題や目的が含まれていますね。

あくまでも憶測ですが、現在の貴社の研修は
下記いずれかの状態になっていませんか?

●よくあるパターン1
「せっかくの研修の場だから」と、短い時間にあれもこれもと詰込み、
受講側にとって内容過多になっている。
例えば、表向きはスキル・知識研修でありながら
会社側の訓示や説明時間が長く、場としての整合性が取れていない。

●よくあるパターン2
研修内容や受講生の温度感・感情を無視して、唐突に
「お互いにコミュニケーションしましょう!」
など、やらされ感が強い設計になっている。

いかがでしょうか?

与えたいものが多い場合、よほどうまく仕立てないと
1や2のパターンに陥りがちです。

さらに、研修に慣れていない受講生の場合、
場に馴染むための時間を要しますし、
インプットできる情報量にも限界があります。

二兎追う者、一兎を得ず…という諺があります。

「沢山持ち帰ってもらう」
よりも
「確実に持ち帰ってもらう」

まず「誰に対する、何のための場なのか?」を
改めてクリアにしてみませんか?


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"受け身な受講態度が気になる"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 受け身な受講態度が気になる