HOMEコラム・レポート > 「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方

「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :現場のお悩み相談


<現場のお悩み相談室>
金融サービス/若手社員方のお悩み
  
【お悩み内容】

数ヶ月前に、トレーナーだった方が退職され、
年次が20歳近く離れた方が、新たにトレーナーとなりました。

いろいろなことをご経験されているので
私としては、たくさんのことを学びたいと思っているのですが…

その方からはいつも「面倒くさい」オーラが放たれており、
聞きたいことや確認したいことがあっても
なかなか話しかけられません。

私のトレーナーになったことについて
「今さらやりたくない」とおっしゃっていたと最近知り、
尚更 話掛けづらくなってしまいました。

あと3ヶ月間、トレーニング期間があります。
どうすれば、トレーナーの心証を害さずに
コミュニケーションをとることができるでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

相手あってのコミュニケーションですから、
悩むところですよね。

まず、知っておいていただきたいことが2つあります。

1つ目、
今のこのご経験は、教える立場になった際に
存分に活きるものだと思います。
「単に辛いだけのものではない」ということを理解しましょう。

2つ目、
トレーナーとは、あくまでも「ビジネスの関係」ですから、
必要以上に仲良くなる必要はありません。
用がなければ、敬して近づかず…という立ち位置でも十分です。
ただし、御礼やお詫びは事欠かないように注意しましょう。

その上で、トレーナーとの関わりですが、
幾つか配慮できる点があると思います。

1、急を要する場合以外では、確認したいことをメモして、
  まとめて聞きましょう。
  その際は、相手が時間を作りやすい時間帯やタイミングを
  観察して押さえておくと良いですね。
2、「確認したいことが○点あります。
  ○分ほどお時間をいただけないでしょうか」
  と、最初に相手にかかる不安を明確にしましょう。
3、現物やメモなど、相手が教えるにあたって有効そうなツールは
  用意していきましょう。
  教えやすい環境を整えると、相手の負担を軽減できます。

1年目は、要領が分からなかったり、
慣れない気遣いも多く大変です。

多かれ少なかれ、みんなが通った道ですから
肩の力を少し抜いて、頑張ってくださいね。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

企業の「成果」と「成長」を考え抜くマネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2017/9/26 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方"に関連するサービス

OJT研修(トレーナー・オブ・ファン)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 「面倒くさい」オーラが出ているトレーナーとの関わり方