HOMEコラム・レポート > 「叱ると怒る」について

「叱ると怒る」について

  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :トガくんの覚書


<トガくんの覚書シリーズ>
「叱ると怒る」について

このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、似て異なる言葉、
「叱る」と「怒る」について扱います。

以前、人事ご担当者様向けセミナーでも扱いましたので
ご存知の方もいるかと思いますが、部下育成においては
重要だと思いますので、改めて。

【定義】

●(goo辞書)
 叱る…目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる
 怒る…不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる

●(PHPホームページ)
 叱る…感情を押さえて理論的に話す、他者への改善要求、相手に反省させるもの
 怒る…感情のままに自分の意見を言う、自分の感情表現、相手を傷つけるもの

●(アーティエンス)
 叱る…相手のためのもの、フィードバックの一種
 怒る…自分のためのもの

【考察】

明確には言語化されていなくとも、多くの方が
「叱る」と「怒る」の違いは理解されているのはないでしょうか。

ですが、厄介なのは「指導する」という名目になった途端、
個人の判断により「叱る」と「怒る」の境界線が曖昧になること。

パワハラをしたとされる上司の多くが
「指導の一環だった」と釈明することからも、
今なお、「指導」という言葉には多くの要素が含まれているようです。

指導に必要なのは、あくまでも「叱る」行為。

ただ、自分は「叱っている」つもりでも、相手には「怒っている」と
認識されることがあります。
これは、非言語メッセージを含めた感情の出方により
相手の捉え方が異なるためでしょう。

【結論】

コミュニケーションは、「相手がどう捉えるか」が問題です。
この前提は、立場や職位と関係がありません。

「叱る」立場であれば、自分の感情を適切にコントロールすることが
求められます。

「権限や責任が大きくなる程、自分自身を厳しく律する」

そんな人は、自然と周囲からの信頼され、
組織にとって必要な存在となるのでしょうね。


育成・OJTの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):8月31日(木)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

OJTトレーナー1日集中養成セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018/3/6 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

アーティエンスのOJTトレーナー1日集中養成セミナーでは、トレーナーが新人を早期戦力化していくためのスキル・ノウハウ、そしてスタンス実務に近いワークショップ形式でしっかり学んでいただきます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

1年目社員(2017卒)向け
フォローワークショップ

:2017年3月9日(金)  13:30~17:30
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル
  • コミュニケーション

本ワークショップを通じて、組織へのより良い貢献を考えて行動し、
成長へ向けて前向きに取り組める2年目社員へのスタートダッシュを切りませんか?

"「叱ると怒る」について"に関連するサービス

管理職研修・リーダー研修・OJT研修

管理職研修・OJT研修・マネージャー研修・リーダー研修なら、社員研修のアーティエンス。新任管理職から中堅管理職、上級管理職に向けた研修をご用意しております。トレーナー、リーダー、マネージャー、管理職ならではの様々な課題を解決するための方法を学びます。

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 「叱ると怒る」について