HOMEコラム・レポート > 上司によって異なる評価基準への不満?

上司によって異なる評価基準への不満?

  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :現場のお悩み相談


<現場のお悩み相談室>
サービス業/若手社員の方のお悩み

【お悩み内容】

同じ業種でも、誰が上司になるかによって、
マネジメントの仕方や評価が異なっていることが不満です。

私の上司は厳しい方なので、他の上司であれば業績として
カウントしてもらえることもしてもらえず、
損をしているような気がしてしまいます。

上司のマネジメントや評価基準を統一してもらいたいのですが、
どうしたら良いでしょうか。

【ARTIENCEの考え】

まず、ご不満なお気持ち自体は理解できます。
頑張っているからこそ、生じる感情でもあるかと思います。

が、ここで解決すべきこととしては、
少し論点がずれているように思えます。

「上司のマネジメントや評価基準は統一すべき」
というお話が展開されていますが、
ご相談者さんのご不満は、本当にこのポイントですか?

拝察するに、
「自分の成果に対する、上司の評価に納得ができない」
ということが、本当のポイントなのでは?

だとすると、ご相談者さんがすべきことは異なりますよね。
まず、上司に「ご自身に対する評価の根拠」を確認しましょう。

その上で、ご自身の評価に対して納得できたのであれば
問題は解決するはずです。

万一、あまりにも不当な評価だったり、根拠がないようであれば、
信頼できる先輩社員や管理部門(人事部)の方に相談してみましょう。

また、補足までに。
人よって環境が異なっていたり、時に不公平な状態が発生することは
ビジネスの世界では日常茶飯事です。

人と比較しては足りないこと、満たされないことに
目を向ける癖がつくと、ネガティブな感情に振り回され、
自分がしんどくなっていきますよ。

ありきたりのようですが、将来の自分のためにも
「自分が成長するためには、今何をすべきか」
という意識を大事にしていきましょう。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

企業の「成果」と「成長」を考え抜くマネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2017/9/26 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"上司によって異なる評価基準への不満?"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 上司によって異なる評価基準への不満?