HOMEコラム・レポート > 「教育」について

「教育」について

  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

コラム :トガくんの覚書


<トガくんの覚書シリーズ>
「教育」について

このシリーズでは、ハリネズミのトガくんが、
調べた言葉の「定義・意味」をご紹介します。

今回は、「教育」という言葉について、
改めて、考えてみたいと思います。

【定義】

・教え育てること(三省堂Web Dictionary)
・他人に対して意図的な働きかけを行うことによって、
 その人を望ましい方向へ変化させること。
 広義には人間形成に作用するすべての精神的影響をいう。
 その活動が行われる場により、家庭教育・学校教育・社会教育に大別される。
 (大辞林第三版)

【考察】

一般的に教育という言葉には「家庭」「学校」「ビジネス」という
言葉との組み合わせで使用されることが多いと思いますが、
あるテレビ番組で解説されていた漢字の成り立ちを見ると、本来の意味が分かりま
す。

教…左半分「孝」の上の「土にノ」の部分は、交わる、
  係わるという意味をもつ「爻」 の字から派生したもの。
  左半分の下の「子」は、ご存じのように赤ちゃんの姿からの象形文字。
  右半分の「攵」は 「父」の字から派生している。

育…上の「云」の部分は 「子」の字から派生したもので、母乳を飲む 時の姿勢から
  「子」の逆を現している。
  下の「月」は、体の一部を現す漢字は「にくつき」を使うことから、
  母親の乳房を現すとされている。

つまり「教育」という言葉は、父と母が共同して、
子を育み、教え、育てることを意味してるとか…

実際には、幾つかの見解があるようですが、
最初の人間教育がいつ、どこでなされるべきか考えると、
納得できるような気がしますね。

【トガくんが思ったこと】

漢字の成り立ちからも分かるように、
教育とは、そもそも時間がかかるものなんですね。
20年前後も違う環境で育ってきた人間の教育なら、尚更です。

皆さんのご尽力は、すぐに効果が出るものではないかもしれませんが、
中長期的な観点で教育、成長も見据えられると良いですね。


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"「教育」について"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 「教育」について