HOMEコラム・レポート > 早期退職、真の課題は?

早期退職、真の課題は?

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

コラム :人事部のお悩み相談


<人事のお悩み相談室>
販売業/人事部スタッフ

【お悩み内容】

「相次ぐ新入社員の早期離職を、いかに防止するかが課題です。
3年3割と言われますが、1年で4割は退職します。

特に会社として期待している新人ほど
1年以内で辞めてしまうことが辛いです。
当社は入社後の教育も比較的手厚く、福利厚生も悪くありません。

ただ新入社員は全員が営業職で、成果報酬の割合が大きいため
1年目でも収入に差がつきます。

とは言え、こちらとしは入社前にすべて話をしていることですし、
3年かけて一人前になってくれれば良いと思っているのですが…

【ARTIENCEの考え】

成果報酬の割合が大きい企業で、新入社員の離職率が高いのは
一般的な傾向ではないでしょうか。

よって、貴社の真の課題は、
「期待している新人ほど、1年以内で辞めてしまう」
ことにあると考えます。
その理由がクリアになれば、対策を施せるかもしれません。

これまで、多くの企業で採用や育成のお話をお伺いしてきましたが、
新入社員における早期離職の最多の理由が
「ミスマッチ採用」でした。

採用には、トップや責任者の好みが反映されます。
「欲しい人材/好みの人材」と、
「自社に合う人材/パフォーマンスが発揮できる人材」
が異なっていることも少なくありません。

例えば…
これまでにない高学歴の就活生が来た!と
喜び勇んで採用したものの、社内で浮いてしまったうえに
現場でも活躍できず、すぐに退職…といったケースです。

課題感をお持ちであるこのタイミングで
改めて、貴社で「採用すべき人材要件」を
定義してみてはいかがでしょうか。


メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"早期退職、真の課題は?"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > 早期退職、真の課題は?