HOMEコラム・レポート > ~岩本絢太郎の日常~【4章 脱皮】

~岩本絢太郎の日常~【4章 脱皮】

  • 新入社員向け

コラム :ある新入社員の成長記録


お盆休みも終わり、慌ただしい毎日を過ごしていたら、いつの間にか夏も終わりに近づいていた。

でも、最近の僕は、いまいちエンジンがかからない。
理由は、部署内の人間関係というか、本多さんと福原というか…

7月下旬に異動してきた福原について、苦手意識を持った僕は、
他部署から聞いた情報を本多さんに伝えたところ、すごくネガティブな反応をされてしまったのだ。

その後、本多さんの僕に対する態度がちょっと冷たいというか…
本多さんからは何も言われないので、僕もどうしていいかわからない。
そんなにマズイことしたのかなぁ…そんな疑問もあるけど、何だろう、
僕の中では重い何かが引っかかっていて、自己嫌悪にも似た感情が消えずにいた。

「岩本、福原、SPM経由で急ぎの案件が入ってきた。ミーティングできるか?」

「あ、はい」

「もちろんでーす!SPM経由かぁ。わくわくするなぁ」

なんだか、この福原のテンションが苦手なんだよなぁ。

「以前、運動会をサポートしたアーティエンス商事さまからのご依頼で、新しいイベントのお手伝いをすることになった」

本多さんが概要や手順を説明する。確かに今回のイベントは新しい取り組みだし、
わくわくしたくなるようなものだったけど、僕の心はすっきりしない。
気のせいだろか、重要な仕事は、主に福原に割り振られているような…

「はぁあ」

小さく漏れた溜息が、本多さんの耳に入ったようだ。

「なんだよ、岩本?」

「あ、いえ、がんばります…」

本多さんと目を合わせることができない自分がいる。

「もお、岩本!テンション下げるようなことするなよな!」

そして、福原の一言はいちいち癪に障る…
終業時間になっても、僕の仕事はまだまだ終わりそうになかった。
既存の案件を2つ抱えているうえに、今日、また急ぎの案件が入ってきた。これから約1ヶ月間はめちゃくちゃ忙しくなりそうだなぁ。

こんなネガティブ状態では、この忙しさは乗り越えられないかも…

どうしよう…
あ…

唐突にある人が頭に浮かんだ。この人に相談してみようかな…
そう思うや否や、僕はマーケティング部に向かって歩き出していた。

会いたい人は、中川さん。
そう、僕のネガティブ状態の理由というか、一連の出来事を知っている人だ。

帰宅しようとしていた中川さんの後ろ姿を見つけたとき、僕の悩みは半分解消したような気になった。

「あの、中川さんっ!」

思いがけず大きな声になったしまった。驚いて振り返る中川さん。でも、僕の顔を認めるとにっこりとほほ笑んでくれた。

「あれ、いわもっち、おつかれさま。どした?」

朗らかな声を聴いたとき、僕は肩の力が抜けるようだった。この人に相談しようとしたことは間違いなかったと確信した。

中川さんは娘さんのお迎えあるのに「15分だけなら」と、僕の話を聴いてくれた。
福原に対するネガティブ感情のこと。
他部署での話を伝えてから、本多さんとぎくしゃくしていること。
福原のほうが尊重されているように思うこと。
中川さんは、うんうんと頷きながら、僕の言葉に耳を傾けてくれた。

一通り話し終えたころ、中川さんが口を開いた。

「いわもっち…、ちょっと自分の本当の声に耳を傾けてほしいんだけどね」

「…?…はい」

「本多さんに福原くんのこと伝えたでしょ?そのとき、本当は、どんな目的というか、思いがあった?」

「え?」

「情報の共有っていうことで、その場は終わっているけど、いわもっちとしては、本当はもっと望んでたことがあったんじゃない?」

「それは…」

「それは…?」

僕は当時のことを思い返していた。あの時、僕は…僕は…
なかなか言葉にならない僕を、中川さんは黙って待ってくれていた。

僕は、意を決して言った。
これが間違いなく本心だ、と思えることを。

「…福原の、評価が、落ちればいいと思っていました…」

「あははは!素直だねぇ」

「でも…本当です」

「今、自分の本心を言ってみてどう?」

僕は、この時、すでに沢山のことに気づいていた。
チームワークを大事にしている振りをして、仲間を陥れようとしていたこと。
個人的な感情に、本多さんや中川さんを巻き込もうとしていたこと。
福原に関する情報だって、よく考えたら、西山さんの個人の意見かもしれないのに…

「本多くんとぎくしゃくしている、福原くんのほうが尊重されてるって、本多くんが言ってたの?」

「…いえ」

「そりゃそうだよねぇ」

「え?」

「本多くん、いわもっちのこと、すごく褒めてたんだよ」

「ええ?い、いつですか?」

「うーん、クライマークライマーさんの案件の直後だったかな」

「えええ?な、なんて…?」

「あいつは穏やかな人柄で、誰とでも折り合っていける、て。俺にはできないって」

「本多さんが、ですか?」

「うん、でも、私もそう思うよ。仕事をする上でね、好き嫌いや気持ちの浮き沈みがない状態って、すごく大事だと思うんだよね」

・・・そうなのかな。

「いわもっちの強みは、ニュートラルな状態を保てることだね」

・・・そうなのかな。

「少なくとも、私と本多くんは、そう思ってるよ」

そっか…僕は、自分の強みを、自分で否定するようなことをしてしまったんだ…

「で、どうする?」

「え、どうするって??」

「ま、あとは自分で考えるんだね。あ、もう行かなきゃ!じゃあね!」

「え、あ、はい、あの、あり、がとうございましたっ!」

颯爽と立ち去る中川さんの後姿を、僕は戸惑いながら見送った。でも、心の中には温かいものが流れているようだった。

同日、21:55。
この時間になると、フロアに残る人はまばらになる。そんな中に、僕と本多さんもいた。

「おーい、岩本、もうそろそろ帰れよ」

デスクから本多さんが声をかけてくれた。
僕は再び意を決して、本多さんのデスクに歩み寄った。

「ん?どした?」

顔を上げた本多さんに、声を掛けた。

「ちょっとだけ、今、話していいですか?」
「おう、いいよ」

僕は本多さんの隣の椅子に座った。

「なぁによ?」

はにかみながら、本多さんが僕の顔を見てきた。

「そういや、久々だな、岩本とゆっくり話すの」

「はい、ですね」

「で、なに?」

「ちょっと、本多さんに、謝ろうと思って…」

「謝る?何を?」

「その、前に、福原のことで…」

「福原のこと?お前、何かしたか?」

「え、いや、その…」

「あの、SPMから聞いた話か?」

「・・・はい」

「で?」

僕は、率直に謝った。
福原に苦手意識があったこと、福原のネガティブ情報は自分の個人的な感情から伝えたこと、中川さんに相談したこと。

「なんか、中学生みたいな話ですね…ほんと、くだらないことに付き合わせてすみません」

「わははは、ほんとだよ、お前。下らねぇよ、ははは」

「すみません…」

「わかったよ、もういいって。お前、この件で、なんか学べた?」

「はい、めちゃくちゃ学びました…」

「俺もさぁ、やっぱ人間だからさぁ、人に関するネガティブなこと聞くと、こう引っ張られちゃうんだよねぇ…」

そっか、そうだよな…本多さんは、平等に接しなきゃいけない立場だもんな、申し訳なかったな…

「でも、ま、お前がちゃんと成長したんだったら、いいんじゃね?別にお前に対する、俺の評価は変わらねぇよ」

ちょっと胸が熱くなった。

「ありがとうございました!」

「脱皮したな、脱皮!」

脱皮…そうだ、きっと、今の僕に必要なことだ。
明日、福原とランチでも行こうかな。
オフィスを出ると、昼の日差しを裏切るように、思いがけず涼しい風が吹き抜けた。
僕の気持ちは、いま、ちゃんとニュートラルに戻ったはずだ。

つづく


新入社員向けの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

【新人・若手社員向け】現場で使える!考えるクセがつく!ロジカルシンキングを身につけるには…? 無料

@渋谷:2017/8/22 (火) 9:00-18:00
  • 新入社員向け
  • ビジネススキル

アーティエンスのロジカルシンキング研修「ロジカルシンキング・ダッシュ」は、新入社員・若手社員の方を対象に、社会人に必須の課題解決・問題解決のための論理的思考(ロジカルシンキング)を実務に近いシミュレーション形式でしっかり学んでいただく講座になります。 ※ 営業、企画、経理、人事など、業務に関わりなく実務にお役に立てる内容となっております。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"~岩本絢太郎の日常~【4章 脱皮】"に関連するサービス

HOMEコラム・レポート > ~岩本絢太郎の日常~【4章 脱皮】