HOMEコラム・レポート > マネジメント業務に興味がないようで…

マネジメント業務に興味がないようで…

  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :人事部のお悩み相談


【お悩み内容】
自分のスキル向上や、知識の獲得には一生懸命な一方、
マネジメント業務に興味を持ってくれず、困っています。

特に、昇格や役職付になることを嫌がるメンバーが多く
仮に役割を与えても、うまくできません。

入社してから5年くらいは、ずっとITスキルを駆使する業務内容なので
頭を切り替えるのに時間がかかるとは思うのですが…

【ARTIENCEの考え】
IT系の企業や、技術職の方において、よく聞かれる課題ですね。
専門性が高ければ高いほど、その傾向は強くなるようです。

また年々管理職になることに対して、ネガティブなイメージを持つ、
若手も増えてきているようです。

この課題には、中期的・長期的な対応が不可欠です。

早い段階から社員に意識づけをしていく、仕掛けや仕組みが必要でしょう。

若手のうちに中長期的にキャリアを見据えることも一つの方法ですが、
ただキャリア研修やフォロー研修を実施するだけでは
すぐに解消できるわけではありません。

そして、今後、管理職不足はどの企業でも起こり得ます。
優秀な人材は取り合いになるでしょう。

このような目の前の課題に飛びつくのではなく、
管理職の未来が素晴らしいものであるという認知を
持っていただくことが重要です。

管理職が、より情熱的に仕事をするため、
そして、会社の文化づくりにどのように貢献していくのか、
管理職の方々だけではなく、一般社員の方々も含めて、
一度、対話する場を設けてみるといいかもしれませんね。


マネジメントの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

企業の「成果」と「成長」を考え抜くマネジメントセミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分) :2017/9/26 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

現代社会は VUCA WORLD と言われています。 組織・チーム運営を取り巻く状況の複雑性が高まり、予測不能な激しい変化の波を受ける社会──それがVUCA WORLDです。 そのような環境に対応していく為には、組織・チームは『管理する・される』の関係だけではなく、『自ら学び、考えて行動し共創していく』関係にしていくことが求められ、そして管理職・マネージャーと呼ばれる人たちは、社員ひとりひとりが自己組織化し、リーダーシップを取っていける為の働きかけを行っていく必要があります。 本セミナーでは、今日の組織・職場で管理職・マネージャーが求められる働き方、組織力の高め方を学んでいきます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

"マネジメント業務に興味がないようで…"に関連するサービス

管理職研修(マネジメント・オブ・ファン)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

リーダー研修(リーダー・オブ・ファン)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

組織開発・組織変革

集団を組織に発展させるためには、理念や目的を共有し、やり甲斐を持たせることで、集団的行動の思考力と推進力を獲得し、維持、向上させていくことが必要です。そして、アーティエンスの組織開発・組織変革は、企業の個々人の強み・真価を認識し、それら価値を最大限発揮していくための仕組みをお客様と共に構築します。

HOMEコラム・レポート > マネジメント業務に興味がないようで…