HOMEコラム・レポート > 「節目」の意識

「節目」の意識

  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

コラム :メンバーのつぶやき


<時事ネタ・旬ネタ>
「節目」の意識

明日4月1日は、
新卒新入社員の入社式という企業も多いのではないでしょうか。

それと同時に、
本日まで入社1年目であった新入社員が2年目社員となり、
1年目社員を卒業する「節目」の日でもあります。

「節目」を持っている植物に、竹があげられます。

竹は、1日に1メートル以上も成長することのある
大変成長の早い植物です。

しかし、ただ上へ上へと伸びたのでは
自分自身を支えきれなくなってしまいます。

そこで、自分を支えるために「節目」があるのです。

雪の重みや強風には、体を「くの字」に曲げて耐え抜き、
簡単に折れることはありません。
「節目」をもつことで、しなやかに成長していけるのです。

学生時代までは「節目」の日には、周囲が卒業式を用意してくれ、
春休みなどといった次に向けての準備期間も与えられていました。

しかしながら、社会人になったからには、
自分自身で「節目」を意識し、自ら何かを卒業し、
次に向けての準備も整えていかなければなりません。

これは1年目社員に関わらず、全社員に通じることです。

貴社では、どれくらい「社員が成長を意識する節目」があるでしょうか?

ぜひ、改めて考えてみるきっかけになれば幸いです。


リーダーの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

新任管理職・リーダー職向け
チーム・組織の『成功の循環』 を創造する
リーダーシップ セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅より徒歩4分):2017/10/26 (木) 10:00-18:00
  • リーダー
  • マネジメント
  • 組織開発支援

リーダーは、組織にとって重要な役割です。リーダーシップとは、組織・チームの成果・パフォーマンスを発揮するための機会を創造し実践するための働きかけであり、そのための価値発揮は相応に力量を求められます。 本セミナーは、チーム、組織として結果を出す責任を持つポジションの方々が、与えられた業務環境に対して、全体を見渡すスキル・手法を学び、その上でリーダーとしてどう行動すべきか、また、部下のパフォーマンスを上げるためにどう対応するかを考えていただくセミナーです。 セミナーを通し、最終的には自分が目標とするリーダー像を定めます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

"「節目」の意識"に関連するサービス

新入社員研修

プロとしての“仕事の取り組み方”の基礎を学べる、新入社員向け研修サービス(全11日コース)です。

トレーナーオブファン(OJT研修)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

リーダーオブファン(リーダー研修)

真に求められるのは個のパフォーマンスではなく、チーム(組織)としてのパフォーマンス。その為に必要なことは「チーム・組織の全体像の把握」と、チームの目標設定、課題へのアプローチ手法です。これらを「協創」と「システム思考」の概念を用いて学んでいきます。

マネジメントオブファン(管理職研修)

研修を通して、「管理職の課題は組織の課題」であり、「組織は管理すると同時に、進化させていくもの」であることを知ります。管理職は 「上司にも、部下にも影響力を与えられる立場」であり、併せて 「次世代のマネージャーを育てる立場にある」 ことを自覚します。

HOMEコラム・レポート > 「節目」の意識