HOMEコラム・レポート > 2015年新入社員の意識調査レポート:【人間関係で期待するもの】の上位2項目は「余計な気を遣わない」「本音で話し合える」

2015年新入社員の意識調査レポート:【人間関係で期待するもの】の上位2項目は「余計な気を遣わない」「本音で話し合える」

  • 新入社員向け
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • リーダー
  • マネジメント

レポート :調査レポート


───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
アーティエンス株式会社では、2015年4月の1か月間に、396名の新入社員を対象とした意識調査アンケートを実施いたしました。本レポートは、上記アンケートの集計結果と新入社員研修実施時の所感をもとに、2015年度新入社員の特徴や傾向についてまとめております。
  
新入社員を受け入れる人事ご担当、及びにトレーナー、リーダー、管理職の方々にて、指導育成の際にご参考いただければ幸いです。
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────

■ 調査結果サマリー

 Point1 
交友関係は比較的広い傾向があるものの、コミュニケーションに「安定性」「居心地の良さ」を求める傾向が強い

【グラフ1】 新入社員が回答した「これまでの人生で大切にしてきたもの」(n=396 ※1人3項目まで選択)

【グラフ2】 新入社員が回答した「今後も交流を続けていこうと考えている人の数」(n=396)

【グラフ3】 新入社員が回答した「人間関係(※家族を除く)で期待してきたもの」(n=396 ※1人3項目まで選択)

 
【グラフ1】「これまでの人生で大切にしてきたもの」の1位は「友人・知人・恋人など」となり、新入社員の多くが、他人との付き合い、コミュニケーションを大切にしてきていることが確認できました。それら『他者との付き合い、コミュニケーション』において、多くの新入社員が「本音を話し合える」「 余計な気を遣わない」といった「ありのままの自分で付き合える関係」を期待していることが【グラフ3】から導き出されます。
 
 
 
 
 Point2 
多くの新入社員が、社会人になることに対して「自身の成長」ができることを期待しているが、自発的・具体的な行動までは起せていない

【グラフ4】 新入社員が回答した「社会人になって期待していること」(n=396 ※1人3項目まで選択)

【グラフ5】 新入社員が回答した「3年後、社会人として部下・後輩からどのような評価(または期待)をされるようになっていたいか」(n=396 ※1人3項目まで選択)

 
【グラフ4】「社会人になって、期待していること」として、約7割が「自身の成長が出来ること」と回答している反面、実際の新入社員研修においては、例年と比べて『新人らしい前のめり感』はやや薄く受け止められました。失敗の言い訳をする場面、失敗を恐れるような場面が多く、成長意欲は持ち合わせているものの、意識を行動へと移せない受講者の姿勢・言動が確認されました。
また、【グラフ5】「3年後、社会人として上司からどのような評価(または期待)をされるようになっていたいか」の回答においても、自身の成長に関わる項目が比較的下位にあることからも、本傾向が伺えられます。
 
 
 
 
 Point3 
新入社員の多くが、社会人になることに対して、確たる「自信」を持てていない傾向がみられる

【グラフ6】 新入社員が回答した「社会人になることの期待と不安の大きさについて」(n=396 )

【グラフ7】 新入社員が回答した「社会人になって、不安に思っていること」(n=396 ※1人3項目まで選択)

 
【グラフ6】「社会人になることの期待と不安の大きさについて」の回答として、「期待」「やや期待」が約30%に対し、「不安」「やや不安」が半数以上の50%強を占める結果となりました。また、「現時点で、自身に不足しているもの・課題と感じているもの」に対してのヒアリングで「自信(を持てていない)」と答えた新入社員が多くいた点からも、社会人になる上での確たる自信は持てていないということが推察されます。
また、新入社員研修時には、講師に肯定的なフィードバックを求めるような、当人たちの承認欲求の高さを感じさせる場面が例年より多く見られました。
 
 
 
 
 まとめ 
 
 調査結果から、2015年の新入社員は例年と比較して、競争心、向上意識の強さよりも安定志向、居心地のよさを重視する傾向にあることが推測されます。また、周囲とのコミュニケーションにおいても、「自分をわかってくれる」「ありのままを受け入れてくれる」人間関係を求める傾向が例年と比較して強まってきていると言えます。
 これら傾向が今後も引き続き顕著であり続けた場合、社会人生活が「思っていたのと違う」「自分のことを理解してもらえない」といった想いが強まり、モチベーションの低下やスキル習得速度の鈍化、ひいては早期離職のリスクが高まる危険性があります。

 では、これら傾向、課題を踏まえて、彼ら若者たちを「未来のリーダー・管理職者」として育成し目指させていく為に、組織はどのような対応をしていくべきでしょうか。

 私たちはまず、現代の若者たちのコミュニケーションの在り方と、そして彼らの「メンタル・モデル」を理解することが大切であると考えます。そのうえで、組織内に置いて新入社員と先輩・上司との相互理解をを促進させていく為の良質な「場」を用意し、丁寧に指導し、協創の精神を以て彼らと接していくことが、これからの「激動の時代」において彼らが最大限の価値発揮をしていけることに繋がると、私たちは考えています。

新入社員・若手社員を指導・育成していく際に、スキル面だけでなく、スタンス・マインドを併せて学ぶ機会を提供することによってはじめて、異世代間の相互理解、及び協創の土壌が形成されていきます。そして、新入社員の定着をはかり、戦力化のスピードを上げることは、市場競争の激化と人材流動化に直面する多くの企業において競争力を大きく左右する要素になり、そしてそれは、これからの時代より一層と必要とされてきているのではないでしょうか。

本レポートが、皆様と、皆さまの組織を活性していく際の参考としてご活用いただけることを、強く願っております。
 
 
 
 

───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────
■ 調査結果サマリー
調査名称:2015年度 新入社員意識調査アンケート
対象人数:396 名 (男性:女性 約6:4) ※2015年度入社の新入社員で、アーティエンスが提供する新入社員研修の受講者
調査期間:2015年4月1日~5月1日

■ 本レポートの詳細情報、及びアンケート実施に関するお問い合わせ
※ アーティエンスへのお電話(03-6416-1086)または本サイトお問い合わせページより、ご連絡をお願いいたします。
───────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────


育成・OJTの体験セミナーのご案内

アーティエンスでは、社員教育・研修をご検討の経営者様・人事ご担当者様向けに体験型の公開セミナーを実施しております。ご興味のある方は是非お問い合わせください。

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

OJTトレーナー1日集中養成セミナー 無料

@セミナールーム「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018/3/6 (火) 10:00-18:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT

アーティエンスのOJTトレーナー1日集中養成セミナーでは、トレーナーが新人を早期戦力化していくためのスキル・ノウハウ、そしてスタンス実務に近いワークショップ形式でしっかり学んでいただきます。

メルマガ登録受付中!無料セミナー・人事お役立ち情報を毎週お届け!

注目セミナーのご案内

“なぜ、自社の社員が辞めていくの??”   離職を防ぐ! 若手社員の定着と成長セミナー 無料

@渋谷「フォーラム8」(各線渋谷駅から徒歩4分):2018年1月17日(水)【セミナー時間】14:00~15:30  【質疑応答・個別相談】15:30~16:00
  • コミュニケーション
  • 育成・OJT
  • マネジメント
  • 組織開発支援
  • その他

3年以内に退職される、「早期離職者」はそれぞれのストーリーや想いを持っています。 そこにはSNSにも発信されない、言語化されていない、 離職に繋がる現代の、“イマドキ”の、若手のリアリティがあります。 本セミナーでは、株式会社カイラボの代表であり、200名に近い早期離職者と対面しインタビューを行ってきた井上氏をお迎えし、早期離職を防止し、“組織への定着”と、“若手の成長”の両立ポイントを、他社事例などを交えて具体的にご紹介いたします。

"2015年新入社員の意識調査レポート:【人間関係で期待するもの】の上位2項目は「余計な気を遣わない」「本音で話し合える」"に関連するサービス

新入社員研修

プロとしての“仕事の取り組み方”の基礎を学べる、新入社員向け研修サービス(全11日コース)です。

ビジネススタンス・スタンダード(ビジネススタンス研修)

学生と社会人の違いを理解し、プロとしてお金をいただくための「仕事に対する考え方」を学びます。

トレーナーオブファン(OJT研修)

OJTを実践、指導していく上で大切となるマインド・スタンスと併せて、ティーチング、コーチング、モチベーション管理、その他部下の成長を実現するための手法を学びます。

HOMEコラム・レポート > 2015年新入社員の意識調査レポート:【人間関係で期待するもの】の上位2項目は「余計な気を遣わない」「本音で話し合える」